DVD研修会「総合型確定給付企業年金基金に対する合意された手続業務等の解説」主催:近畿会

開催日付: 2019年5月30日
時間: 13:30~16:15
開催場所:

近畿会研修室

テーマ:

「総合型確定給付企業年金基金に対する合意された手続業務等の解説」
(2019年3月20日 本部研修会収録)

講師:

①西岡 隆 氏(厚生労働省年金局 企業年金・個人年金課 基金数理室長)
②後上 勝 氏(企業年金連合会 総合型DBにおけるAUP実施のための実施マニュアル及び
       研修内容作成委員会作業チーム チームリーダー)
③後藤 知弘 氏(本部業種別委員会 年金基金監査検討専門委員会専門委員長)

CPE単位: 3単位
研修コード: 3202「監査の品質及び不正リスク対応」
参加料: 近畿会主催研修会の為、近畿会会員・準会員:無料  他地域会会員・準会員(京滋・兵庫含む):3,000円
事務局担当: 近畿会事務局 TEL:06-6271-0400

 一定規模以上の総合型確定給付企業年金基金においては、公認会計士等による会計監査又は合意さ
れた手続の実施が必要となりました。
 そこで本部業種別委員会では、会員が総合型確定給付企業年金基金に対して合意された手続業務を
実施する場合に遵守すべき実務指針を新たに策定したため、その解説に加えて制度概要、企業年金基
金の実務の概要の説明を目的とした研修を実施いたしました。今回は3月に東京で実施した研修会を
録画したDVD研修会を上記のとおり実施いたします。
 なお、本制度の円滑な導入に向けて、AUP業務提供者名簿(※)を協会で取りまとめの上、厚生
労働省及び企業年金連合会に提供することを予定しています。当該名簿への掲載に当たっては、本研
修の受講を完了すること、その上で同名簿への掲載を希望することが必要となります。

(※)年金基金に対するAUP業務の専門知識を有し、業務の提供を行う意思のある会員を掲載し
   た名簿です。年金基金がAUP業務実施者を探す際の参考などとして利用される予定です。

 詳しくは協会本部ウェブサイトをご確認ください。

https://jicpa.or.jp/news/information/2019/20190328gde.html
 

ページの先頭へ